もっちゃんのブログ

父と煙草

f:id:bandai369:20220116065601j:image

今日もまた、父が煙草を吸いに、台所の換気扇の下へ向かった。

 

わたしが物心ついた時から、父は煙草を吸っていた。

 

煙草。いい思い出なんて何もない。家の中、車の中、あらゆる場所で、父の煙草の煙に巻かれた。

 

「煙草やめてよ。服が臭くなるし、受動喫煙でこっちにも害あるし。吸うならあっちで吸って!」と、煙草に火をつけようとする父に向かい、よく大声を上げた。しまいには、煙草を隠した。

 

父はよく、「煙草買ってきてくれるか?マイルドセブンエクストラだぞ。1カートンお願い。」と私や弟妹に頼んだ。

 

買いに行った記憶はある。自販機でも買えたし、ホームセンターの中でも買えた。今なら、到底買えないだろう。

 

子どもに煙草を買ってこいだの、私たち兄弟姉妹の前で煙草を吸ったり、現代の感覚で言えば、とんでもない。

 

しかし、その当時は、そこまで「分煙」「受動喫煙」っと言った言葉を聞かなかったし、煙草を吸う人に寛容だった気がする。わたしが覚えていないだけかも知れないが。

 

兎にも角にも、父は、よく煙草を吸った。車で出掛ける時も、あの狭い車内で煙草を吸った。すれ違う車でも、同じ光景を目にすることが多々あった。

 

愛煙家にとって、今より何倍も居心地の良い時代だっただろう。そんな光景を今見かけたら、あなただったら、どう思いますか?

 

「子どもが隣にいるのに、煙草を吸うなんて有り得ない。信じられない」十中八九、偏見の眼差しを向けるのではないかと思う。

 

ある日、わたしの兄弟が未就学児の頃の写真を見つけた。場所は、岬だろう。父の髪の毛が、風に揺れている。右手には煙草、左手で妹を抱き寄せている。「時代だな」そう思った。

 

百害あって一利なし。

吸うことが悪いとは言ってない。

吸いたい人は吸えばいい。

吸わない人に害を与えないように。

 

では。

 

 

作成日:2022年01月16日

更新日:

 

 

 

 

 

「病院行った方がいいよ。」

 

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ