もっちゃんのブログ

これぞプロフェッショナル!職人との出会いに感謝して感激した日

おはようございます。

 

11 月も中旬となり朝晩の冷え込みがきついですね。霜注意報なんかも出たりして。家庭菜園のイチゴやタマネギさんの成育に影響がないか心配。

 

しかし、おばあちゃん曰く、「寒さに耐えてこそいい野菜が育つ。甘やかしちゃだめなのよ」と有り難いお言葉。うーん、なるほど。人にも通ずるところがあるなと思った次第です。

 

日も短くなり、暗くなるのが早くなりました。遠くの山を見渡せば、きれいだった紅葉も終わりです。落ち葉があちらこちらに敷き詰められています。これらが栄養になるんだなぁとしみじみ。

 

「あー、山登りしたい」と思いながらも今シーズンは登山せず。また来年ということになりますね。

 

それでは、

「これぞプロフェッショナル!職人との出会いに感謝して感激した日」についてレポートします。

 

 

ガーミンの腕時計

ランニングのモチベーションを上げるため、数年前に約2万円で購入。それまでは、スマホのアプリを使っていましたが、速度や距離を走っている最中に確認するのがストレスでした。

 

いろいろネット検索をし、検討した結果!

「ガーミンの腕時計が欲しい!!!」となり購入。

使ってみて思ったこと。

 

「モチベーション上がる↑↑↑」

 

距離、スピード、タイム、心拍など確認しながら走ることができます。さらに、スマホやパソコンにアプリをダウンロードして連動させれば、さらに詳細なデータを確認することができるんです。高低差や歩幅までわかるのにはびっくりでした。

 

 

ベルトの破損

使い始めて2年近く経った先月、とうとうベルト部分が切れました。

f:id:bandai369:20201117013004j:plain

 

ショックでしたが、替えのベルトを購入できると知り、ひと安心。

さっそく、「ガーミン ベルト」でアマゾンや楽天で検索しました。

純正品だと4000~5000円と高い。一方、互換品だと2000円しない。

ということで、互換品を楽天で注文。

 

さらなる悲劇

数日後、楽天から商品が到着。

f:id:bandai369:20201117013144j:plain

・付属品↓

ベルト1組、ねじ2本、専用ドライバー2本

 

・交換手順

片方をドライバーで固定し、もう片方をドライバーで回しねじを外す。

 

「よし、これで時計がはめられる!」テンションが上がります。

張り切ってベルト交換を開始しました。

時計の下部分のねじは何とか外すことに成功。

しかし、上部分のねじが外れない。

空回り、空回り、空回り・・・。

やばい、ねじが外れない。

おまけにねじ山がバカになってきた。

何度も何度も何度も繰り返した結果、、、

ねじをなめるという結果に・・・ガーン(ToT)

f:id:bandai369:20201117013327j:plain

 

いろいろ試しました。

ゴムをかませて回してみたり。

ドライバーをはめて瞬間接着剤を流し回してみたり。

ペンチでねじ部分を切断しようとしたり。

 

どれもうまく行かず、むしろ悪化(・・;)

 

 

専門家に依頼

自分では手に得なくなったので、「時計も扱っているジュエリーのお店」へ。

 

時計専門スタッフが対応。

ルーペでねじ部分を観察し、

「これはねじがダメになっていますね」

「のこぎりでねじ部分を切断できるかもわからない」

「すみませんがお力になれません」

とあっさり断られてしまいました。

 

あー、無理なのか・・・。

 

 

職人との出会い

諦めきれないので、昭和の匂いがプンプンする「町の時計屋さん」といった感じのお店へ行ってみることに。

 

店舗兼自宅の店構え。

やはり、昭和の匂いがぷんぷんする。

店内に入ると、至る所に壁掛け時計が。

「チクタク、チクタク」と時を刻んでいる。

 あー、なんだか居心地がいい。

店の奥から店主が出てきた。

見るからに「時計職人」という雰囲気。

「道端であったらただのおじさんって思うんだろうな。」

と思いながら、時計を渡し経緯を説明。

 

すると作業場の椅子に腰をかけた。

ルーペを目につけるとじっくり見始めた。

時計を修理する作業場、とても年季が入っている。

「やばい、職人だ。プロフェショナルに出てきそう」

心の中で思う。

 

無数の時計の音が店内に響き渡る。

時計に囲まれて、時を刻む音を聞いて仕事をしている店主。

なんだか心地よい温かい何とも言えない空間。

 

固唾を飲んで見守る事、数十分。

「よし、何とかなった。ふぅー、久しぶりにこんな仕事したな」と店主。

f:id:bandai369:20201117013458j:plain

 

結局は、ネジは回らなかった。

時計のネジ部分を切断し、接着剤の跡をきれいする。

それから、新しいベルトとネジをつけて修理完了。

 

「あっ、ダメだなって思ったら早い段階で諦めて持ってきたほうがいいよ」と言われた。

 

時計を使える状態にしてもらえた。本当に感謝しかない。

それと、この空間にいれた事が嬉しかった。

 

今まで以上に愛着が湧く。

物を直して大事に使う。大切なことですね。

高くてもいい物を買って、直しながら長く使う。

その度に愛着が増していく。

とても素敵だなぁと思いました。

 

この度の出会いに感謝します。

 

P.S.

最近、バンドを固定する部分が切れました・・・。

トホホ

にほんブログ村 花・園芸ブログ 野菜のみ(家庭菜園)へ
にほんブログ村 その他生活ブログ 家計管理・貯蓄へ